20代主婦が弁護士を目指す独学ブログ
*
ホーム > 生活一般 > 若者にこそ!NISAについて

若者にこそ!NISAについて

 

自己破産の申し立てまでの時間は提訴などといった法による要求は許されます。

 

とりわけ破産の手続きに進んで以降、実行までに余計な時間がかかったケースには債権者に裁判にされる危険性が増加します。

 

債権者側からすると残金の返納もされないでさらに破産などの公的な手続きもしないという状況であると企業内部で終了処理をなすことができないからです。

 

要するに審議が終わってどういう裁決がもたらされようとも申立者に借りたお金を返す資産はないということです。

 

債権人もそういうことは把握の上で訴訟提起というような威嚇で都合よく和解決着にし返済させるとか本人の肉親や関係者に返金させることなどを狙っているケースもあったりします。

 

(補注)西暦2005年1月1日に改正された新しい破産に関する法律において破産申請の後は差し押さえなどといった法的な要請については実効性をなくすこととなります。

 

ですから、従前の破産法とは異なって訴訟行為などといったことをやろうとも無意味になる見込みが高いということになり本当に訴訟行為をやる取り立て会社はまったくなくなると予想されます。

 

その意味合いでも、西暦2005年1月1日の改正以降、自己破産制度は過去より申し込みやすくなったといえます。

 

支払督促のケースですが、支払督促とは国が債務人に対して借金の支払いをしなさいというものです。

 

スタンダードな訴えをするケースと異なり、取立人の片側通行な主張を聞いて進めるためオーソドックスな裁判のように裁判費用がかさまないので取立人がよく使う法的な手法です。

 

裁判所の督促の請求がなされると裁判所発送の通知が送られる手順になって、その知らせが送られてから14日間が経つと、取り立て屋は財産(給与債権などを)に関して差押えができるようになるわけです。

 

支払督促に向かって異議申請をすることができる際は、普通の法廷闘争に移っていくことになります。

 

(注)通常の訴訟は長期化しますので免責まで判定がくだらない可能性が濃厚になることに注意です。


関連記事

まつ毛美容液を使うメリットと種類
まつ毛美容液は、毛周期の成長期を長く維持させるという原理でできており、自分のまつ...
若者にこそ!NISAについて
  自己破産の申し立てまでの時間は提訴などといった法による要求は許され...
テスト
テスト記事です。...